第102回薬剤師国家試験 問220〜221

22歳女性。統合失調症のため病院の精神科へ通院している。母親が薬局を訪れ、「娘が薬を時々飲み忘れて、症状が安定しないことから、リスペリドン持効性懸濁注射液を注射された。」と薬剤師に伝えた。また、母親は下記の処方箋を見て、注射剤と同じ薬物が内服薬として処方されていることに疑問をもち、今後の薬物治療について薬剤師に質問した。

なお、リスペリドン持続性懸濁注射液の添付文書には、次の2つのグラフが掲載されている。

問220 (実務)
母親に対する薬剤師の説明として適切なのはどれか。2つ選べ。

1 症状が重くなったので、持効性懸濁注射液と内服液と併用しています。
2 持効性懸濁注射液の効果は、投与3週間を過ぎたころから現れることから、それまでは内服薬も服用します。
3 症状が安定するようであれば、今後、注射は2週間毎になります。
4 持効性懸濁注射液の効果が十分でない場合は、本剤を静脈内に投与される場合があります。

問221 (物理・化学・生物)
統合失調症では、様々な神経伝達物質との関連が示唆されている。神経伝達物質に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

1 ノルアドレナリンの水酸化によりドパミンが生合成される。
2 ドパミンは、酸化的脱アミノ化と水酸基のメチル化により代謝される。
3 セロトニンは、フェニルアラニンの水酸化と脱炭酸反応により生合成される。
4 グルタミン酸は、アスパラギン酸のアミノ基がオキサロ酢酸に転移されて生合成される。
5 グルタミン酸受容体は、イオンチャネル型と代謝調節型に分類される。

ラツーダ

ラツーダは精神科領域で使うお薬で最近でたばかりですが、使ってみた第一印象は代謝系副作用が少なくて良いですね。

統合失調症の前兆と急性期について

■統合失調症の前兆期

発症の前触れのサインが現れ、眠れなくなったり、物音や光に敏感になったり、あせりの気持ちが強くなったりして発症の前触れのような変化がみられることがあります。この時点で受診したほうが良いですが、誰もが経験する症状に似ているので本人も周りの人も気づかないことが多くあります。また、専門外の医療機関や医師によっては気のせいだとか、軽いベンゾジアゼピンの抗不安薬や抗うつ薬が処方されることがあります。しかし最初から統合失調症も診れる精神科に通院すべきです。ベストな治療やお薬はうつ病や他の病気と異なるからです。

■統合失調症の急性期

幻覚や妄想などの陽性症状が目立つ時期です。会社や学校に行けなくなったりトラブルに巻き込まれたりしがちです。急性期は前兆期に続いて現れ、不安や緊張感、敏感さが極度に強まり、幻覚、妄想、興奮といった統合失調症特有の陽性症状が目立ちます。人に見張られている、盗聴されている、みんなに悪口を言われている、自分の声が聞こえるなど幻覚や妄想に襲われて頭の中が混乱し、周囲とのコミュニケーションがうまくとれなくなります。入院や薬物療法が必要で、比較的長期にわたって治療薬を継続することが必要です。間違った情報に従って治療をやめようとしてはいけません。家族や周りの人は温かい気持ちで見守ってあげてください。