ラボナ錠

ラボナ錠50mgの基本情報

作用と効果

脳に働いて、眠りやすくしたり、不安や緊張を鎮めたりしています。
通常、不眠症の治療、麻酔前投薬、不安緊張状態の鎮静、持続睡眠療法における睡眠調節に用いられます。

用法・用量

不眠症:通常、成人は1回1~2錠(主成分として50~100mg)を就寝前に服用しますが、年齢・症状により適宜増減されます。
麻酔前投薬:通常、成人は手術前夜に2~4錠(主成分として100~200mg)、手術前1~2時間に2錠(主成分として100mg)を服用しますが、年齢・症状により適宜増減されます。
不安緊張状態の鎮静:通常、成人は主成分として25~50mgを1日2~3回服用しますが、年齢・症状により適宜増減されます。