メイクマネー スピードアップ

メイクマネー&スピードアップするためにはSSRIやSNRIなどの抗うつ薬を服用することで一般的にそれらの能力は向上します。それらはうつ病の概念に含まれているので何も珍しいことではありません。うつ症状は稼げなくなった症状とも言っても間違いではありません。メンタルクリニックには気持ちの相談に来るだけではありません。スポーツジムに体を鍛えに行くように、メンタルクリニックにはメンタルを鍛えに行くと考えても間違いではないのです。

抗うつ薬ランキング

東京クリニック独自の抗うつ薬ランキング

トリンテリックスの患者からの評判がよくトリンテリックスが1位となりました。

1位 トリンテリックス S-RIM
2位 サインバルタ SNRI
3位 イフェクサー SNRI
4位 パキシル SSRI
5位 レクサプロ SSRI
6位 トレドミン SNRI
7位 ジェイゾロフト SSRI
8位 リフレックス/レメロン  NaSSA 
9位 デプロメール、ルボックス SSRI

うつ病・うつ状態などでやる気がでない、引きこもり、ニート、対人恐怖症、社交不安障害の人、または、お勤めはできているけど疲労感が強いなどお困りの方はお気軽にご相談ください。

SSRIとは

SSRIの作用機序

SSRIとは選択的セロトニン再取り込み阻害薬のことで 脳内の神経伝達を改善し、意欲を高めたり、憂鬱な気分などを改善する薬の総称です。

うつ病では脳内のセロトニンなどの神経伝達物質の働きが弱まり、意欲の低下、不安などの症状があらわれます。

シナプス前終末から遊離(放出)された神経伝達物質は、自身の受容体へ作用(結合)することで情報が伝達されますが、遊離された神経伝達物質の一部はシナプス前終末へ再取り込みされます。

SSRIは脳内でセロトニンの再取り込みを阻害しセロトニンの働きを増強することで抗うつ作用を発揮します。

SSRIはセロトニンの働きが深く関わるとされる強迫性障害やパニック障害などにも用いられます。

SSRIって?

Antidepressants are medications that can help relieve symptoms of depression, social anxiety disorder, anxiety disorders, seasonal affective disorder, and dysthymia, or mild chronic depression, as well as other conditions.

抗うつ薬は、うつ病、社会不安障害、不安障害、季節性情動障害、気分変調、または軽度の慢性うつ病、その他の症状の症状を緩和するのに役立つ薬です。

抗抑郁药是可以缓解抑郁症,社交焦虑症,焦虑症,季节性情感障碍和心境障碍或轻度慢性抑郁症以及其他病症的药物。

SSRI適応比較

社会不安障害などうつ病以外に適応のあるSSRIの薬学メモ

効能・効果一覧

適応症適応のある薬剤
うつ病・うつ状態デプロメール錠
ルボックス錠
パキシル錠・パキシルCR錠
ジェイゾロフト錠
レクサプロ錠
社会不安障害デプロメール錠
ルボックス錠
パキシル錠
レクサプロ錠
強迫性障害デプロメール錠
ルボックス錠
パキシル錠
パニック障害パキシル錠
ジェイゾロフト錠
外傷後ストレス障害パキシル錠
ジェイゾロフト錠
すべてに適応があるのがパキシル

上記の疾患すべてに適応が認められているパキシル。パキシルには5mg,10mg,20mg錠,CR6.25mg,CR12.5mg,CR25mgがありますがお薬にとって承認を得られるということは効果が対照薬との二重盲検比較試験で科学的に有効であると国に認められることなので、大企業の医薬品メーカーが大規模な治験を行い結果が出ているということですから非常に優秀ということになります。