気分循環障害

cue   👇

気分障害にも様々な疾患(病名)があります。気分循環症とは躁を示すことがあり感情的な浮き沈みを引き起こしますが、双極I型またはII型障害の場合ほど極端ではありません。

気分循環性​​障害では、気分がベースラインから著しく上下にシフトする期間が発生します。あなたはしばらくの間世界の頂点にいると感じるかもしれません、そしてあなたが幾分落ち込んでいると感じる低い期間が続きます。これらの気分循環性​​の高値と安値の間で、あなたは安定して元気に感じるかもしれません。

気分循環性​​障害の高低は双極性障害ほど極端ではありませんが、これらの症状は機能を妨げ、双極性I型またはII型障害のリスクを高める可能性があるため、これらの症状の管理に協力を求めることが重要です。

気分循環性​​障害の治療オプションには、トークセラピー(心理療法)、投薬、および医師による綿密で継続的なフォローアップが含まれます。