新型コロナは安心なカモスタットメシルで防ぐ、治す!

 カモスタットメシルはたんぱく質分解酵素の働きを妨げる作用を持ち1985年にフオイパン錠の名称で発売した薬で、すでにジェネリックも発売されている内科の消化器系薬として以前から使われているので非常に安心です。

 このたんぱく分解酵素阻害作用で新型コロナウイルスの外膜に作用しウイルスの人体細胞への侵入を防ぐように作用します。1日6錠~を1日3~4回分服し、副作用もほとんどなく、熱やのどの痛みがひきます。薬価もロキソニンなどの痛み止めと同程度の安価で安全な薬です。

 新型コロナウイルスは倦怠感がつらかったり、場合によっては死に至ることもあるので早期の治療開始と適切な対処が必要です。

以下;参考URL等

https://www.ims.u-tokyo.ac.jp/imsut/jp/about/press/page_00060.html

http://jsv.umin.jp/journal/v59-2pdf/virus59-2_215-222.pdf