来年はラグジュアリーな一年でありますように

女性患者が女性カウンセラーと人間関係の悩みについて話す

対象年齢と対象性別

  • 未成年女性

対応可能な相談

  • 人間関係の悩み

対応不可の相談

  • 医療行為
  • 薬の相談
  • 危険な状況と判断した場合
  • パーソナリティ障害
  • 強度の神経症
  • 依存状態
  • 違法薬物を使用している疑いのある人等

カウンセラー

  • 女性

対応ができないと判断された場合は打ち切りになることがあります。リアルタイムで医師の監督下にはありませんのでご了承の上でご利用ください。(医療行為の一環とみなされる場合においても準委任契約となり内容を必ずしも保障するものではありません)

おはようございます、中枢神経系の薬について。

お問い合わせへの対応が遅れておりますが順次回答を行っております。予めご了承いただけますようお願い申し上げます。

Q 中枢神経系の薬(例えば睡眠導入剤)を飲んだらかっこ悪いのではないでしょうか?

A Central Nervous Systemを自分で調整することを恥ずかしいのではないかと臆する必要はありません。もちろん医師は偏見はありません。睡眠·覚醒リズムを整えることは社会生活を送るうえでしかたがありません。当然ながらプライバシーは守られていますので心配する必要はありません。

マツモトキヨシ新宿三丁目Part2は奥にあります

聴きどころを指定していますのでお暇なときにどうぞ👆

医療機関と調剤薬局は一日に何度も疑義照会で電話をする関係にあります。またIP-VPNクローズドネットワークで氏名や生年月日、記号・番号、薬、診療行為等のデータが中央のサーバーに集められ過剰診療や重複受診がないかチェックすると同時に患者プライバシーは厚生労働省管轄で管理しているので安心できますが、仕組みが進化してシステム設定が難しくなっています。