こんばんは。

極度の不眠症やうつ病、統合失調症の人は早く薬をやめたいと思っても、医師の指示がある間は服用を続けたほうが良いので注意が必要です。うつ病等は再発しやすい病気なので、症状がよくなってもその状態を維持するために服用を続けることが大切です。医師の指示がないのに勝手に服用をやめると、うつ病の再発や慢性化の原因になるといわれています。「なんでそんな薬を飲んでいるの」「早くやめた方がいいんじゃない」と間違ったことをいわれ傷つくこともあるかもしれませんが、健康な人には理解ができないだけだと割り切って、患者としては十分な用法用量で治療薬を継続した方が予後が良いです。不安があるときは遠慮なく当院にご相談ください。

26002f9ea069f2754214f1237bc739c4

ロゼレム8mg

ロゼレム/Rozerem 武田薬品工業 ロゼレムはラメルテオンを主成分とした不眠症の治療薬です。体内リズムの調整をする作用があり、不眠症や時差ボケを改善したい人にお薦めです。

販売名:ロゼレム錠8mg

薬価:86.2円

一般的名称:ラメルテオン錠

英語:ramelteon

効能・効果
不眠症における入眠困難の改善

用法・用量
1回8mg,就寝前経口投与

投与期間制限
なし

睡眠は、睡眠不足を是正しようとする「恒常性維持機構(ホメオスタシス)」と、日常的に夜になると眠るという「体内時計機構」の2つの機構でコントロールされています。

しかし不眠症は精神疾患の前兆であることが多いため早期に対処する必要があるとされています。
ロゼレムはは、ヒトの視交叉上核に多数存在している脳の松果体のホルモンであるメラトニンの受容体に選択的に結合して、薬理作用を発揮します。メラトニン受容体には、催眠作用や睡眠リズムを調節する機能があるとされており、具体的に、その受容体であるM1受容体は刺激すると、神経発火を抑制したり、体温を低下させることなどにより睡眠を促しM2受容体は刺激すると、体内時計を同調したり、概日リズム(サーカディアン・リズム)の位相を変動させます。

 ロゼレムは、従来のベンゾジアゼピン系薬とは異なり、視交叉上核以外の脳内作用がなく従来の睡眠薬に高頻度で発現していた反跳性不眠や退薬症候がなく、自然に近い生理的睡眠が得られます。