この夏最高の暑さ

GLP-1オゼンピックの処方

前糖尿病(Prediabetes)は、血糖値が正常よりも高いものの、糖尿病には至っていない状態で食事と運動によって体重を5~10%減量すると、将来、糖尿病になるリスクが大幅に低下します。かつて2型糖尿病は小児期や青年期ではまれでしたが、最近ではよくある病気になってきています。65歳以上の約26%の人が2型糖尿病にかかっています。肥満 は2型糖尿病発症の主な危険因子であり80~90%が過体重もしくは肥満です。オゼンピックは効果的に糖尿病の進行を防ぐ働きがあります。

ハルシオンとトリアゾラムが全国的に品薄状態

ハルシオン0.125mg錠、同0.25mg錠およびトリアゾラム同錠が出荷調整となっており品薄状態です。品薄が解消するまでにはしばらく時間がかかりそうとのことです。

健康のためには血圧・脂質・体重を正常に保つことが重要です。

糖尿病・肥満症・ダイエット・メタボ

健康のためには血圧・脂質・体重を正常に保つことが重要です。メンタルにも大きく影響します。

SGLT2阻害薬

尿に糖が出て、糖が失われるため、体重が減ります。

一般名 商品名
イプラグリフロジンスーグラ
ダバグリフロジンフォシーガ
ルセオグリフロジンルセフィ
トホグリフロジンアプルウェイ デベルザ
カナグリフロジンカナグル
エンパグリフロジンジャディアンス

GLP-1受容体作動

食欲を抑えて、体重を減らします。

1日1回注射タイプGLP-1受容体作動薬

一般名商品名
リラグルチドビクトーザ
エキセナチドバイエッタ
リキシセナチドリキスミア

週に1回注射タイプGLP-1受容体作動薬

一般名商品名
エキセナチドビデュリオン
デュラグルチドトルリシティ
セマグルチドオゼンピック

ビグアナイド薬

肝臓で糖が作られるのを抑え体重が減少します。

一般名商品名
メトホルミン塩酸塩メトグルコ グリコラン
ブホルミン塩酸塩ジベトス ジベトンS

GLP-1による食欲低減・ダイエット・糖質制限・血糖コントロール

アメリカ他海外でのGLP-1による肥満治療と生存率理論


 GLP-1による肥満治療はアメリカのFDAで認可されており、そのGLP-1治療は、生存率理論とフリーラジカル理論を根幹にするカロリー制限を行うもので、アンチエイジング理論に基づくものです。それはもっとも優れた現代医学の理論のひとつと考えられています。

 また、GLP-1による肥満治療はEU28か国でも承認されている肥満治療法です。GLP-1ダイエットで使用されている薬剤はビクトーザ、サクセンダ、トリルシティ、オゼンピックです。GLP-1は欧米諸国などでは肥満の治療薬として認可されていますが、日本では2型糖尿病として認められています。GLP-1は血液脳関門を通過して満腹中枢に直接作用し、中枢を介して食事摂取量を減少させ、胃の蠕動運動抑制効果、消化管運動抑制効果もあるため、食物の胃内滞留時間が延長して、空腹を感じにくくなっているため誰でも簡単に肥満治療(ダイエット)が成功できます。

GLP-1(ビクトーザ、サクセンダ、トリルシティ、オゼンピック)治療の特徴


 GLP-1による肥満治療は自然に食欲が落ちます。GLP-1の働きにより、空腹時に少量を食べただけで満腹感が得られるため摂取カロリーが減り自然に体重が落ちていき血糖値コントロールができます。

 GLP-1による肥満治療はまったくストレスを感じません。食事を自分の意思で減らすダイエットはストレスを感じますが、GLP-1注射によるダイエットは自然に食欲が落ちますのでストレスを感じません。

アメリカ・ヨーロッパで承認済み
 GLP-1注射は日本では糖尿病の治療薬として厚生労働省から承認されており、アメリカ・ヨーロッパでは肥満治療薬として承認されています。生存率理論とフリーラジカル理論の2つを根幹にするカロリー制限は長寿・アンチエイジング学の基礎となっています。

オゼンピック0.25㎎ オゼンピック0.5㎎ オゼンピック1.0㎎ 用法・用量について

オゼンピック0.25㎎ 0.5㎎ 1.0mg
オゼンピック0.25㎎ オゼンピック0.5㎎ オゼンピック1.0mg

オゼンピックの用法及び用量

通常、成人には、セマグルチド(遺伝子組換え)として週1回0.5mgを維持用量とし、皮下注射する。ただし、週1回0.25mgから開始し、4週間投与した後、週1回0.5mgに増量する。なお、患者の状態に応じて適宜増減するが、週1回0.5mgを4週間以上投与しても効果不十分な場合には、週1回1.0mgまで増量することができる。

オゼンピックは添付文書の記載通り、0.25㎎から開始し、4本使用後に0.5㎎へ増量します。また、新医薬品については、薬価基準収載の翌月の初日から 1年間は、原則、1回14日分を限度として投与することとさ れているため処方期間が2週間すなわち2本までと定められています。