がっかり情報でうつ状態にトリップ🚀

 今日は数日前からマンションを営業開始時間と同時に仲介業者経由で申し込みをするようにお願いしていたらすでに先客が満額で申し込んでいたらしく非常にがっかりな結果のお知らせから一日のスタートになりました。いま住んでいるマンションと同じ建物の別の部屋でしたが最近なかなか売り物が出ず、売り物件がでても年に数件だけなのでまたしばらく待ちぼうけの日が続きそうで気分がうつ状態になりました。
 広告掲載から2日目くらいに動いたのに、通常は賃貸物件や他の業種でもそうですが「早く申し込まないと売りきれちゃいますよ」的なセールストーク以外では人気物件でなければ不動産はそれほど早い動きをしない時が多いですが逃がすときは逃がしちゃうのですね。同じような経験がないわけではないですが自分がチャンスや権利を失うとメランコリーになるのを実感しました。最近盗難にもあったのでガッカリ続きです。
 うつ情報だけでは申しわけないので皆さんへの変りダネですが、イケメン通りの近所に夫婦神社というのがあり夜に恋人といくとまるでお化け屋敷みたいで面白いですよ。非常に小さい2階建ての変わった神社ですが御利益もあるようです。夏の夜が最高ですが秋でもいいと思います。
 しかし🚀🚀🚀ジュゼッペ・オッタビアーニのようにイカした会話をしてみたいものです。意識高い方はこちらを参考にどうぞ→https://www.steinberg.net/ja/stories/guiseppe-ottaviani/

↓↓↓↓ 盛り上がっているところの再生開始時間指定してありますのでお暇なときにどうぞ。

GLP-1による食欲低減・ダイエット・糖質制限・血糖コントロール

アメリカ他海外でのGLP-1による肥満治療と生存率理論


 GLP-1による肥満治療はアメリカのFDAで認可されており、そのGLP-1治療は、生存率理論とフリーラジカル理論を根幹にするカロリー制限を行うもので、アンチエイジング理論に基づくものです。それはもっとも優れた現代医学の理論のひとつと考えられています。

 また、GLP-1による肥満治療はEU28か国でも承認されている肥満治療法です。GLP-1ダイエットで使用されている薬剤はビクトーザ、サクセンダ、トリルシティ、オゼンピックです。GLP-1は欧米諸国などでは肥満の治療薬として認可されていますが、日本では2型糖尿病として認められています。GLP-1は血液脳関門を通過して満腹中枢に直接作用し、中枢を介して食事摂取量を減少させ、胃の蠕動運動抑制効果、消化管運動抑制効果もあるため、食物の胃内滞留時間が延長して、空腹を感じにくくなっているため誰でも簡単に肥満治療(ダイエット)が成功できます。

GLP-1(ビクトーザ、サクセンダ、トリルシティ、オゼンピック)治療の特徴


 GLP-1による肥満治療は自然に食欲が落ちます。GLP-1の働きにより、空腹時に少量を食べただけで満腹感が得られるため摂取カロリーが減り自然に体重が落ちていき血糖値コントロールができます。

 GLP-1による肥満治療はまったくストレスを感じません。食事を自分の意思で減らすダイエットはストレスを感じますが、GLP-1注射によるダイエットは自然に食欲が落ちますのでストレスを感じません。

アメリカ・ヨーロッパで承認済み
 GLP-1注射は日本では糖尿病の治療薬として厚生労働省から承認されており、アメリカ・ヨーロッパでは肥満治療薬として承認されています。生存率理論とフリーラジカル理論の2つを根幹にするカロリー制限は長寿・アンチエイジング学の基礎となっています。