休職と傷病手当金

病気やけがで働けなくなったとき、一時的に仕事を休める「休職」。法律で義務づけられた制度ではないため、会社によって内容はさまざまです。休職できる期間は平均どのくらい?休職できる期間は一般的に「医師が治療のために必要と判断した期間」です。その上限は会社によって異なりますが、平均どのくらい休むことができるのでしょうか。答えとしては休職できる期間は一般的に3ヶ月~長くて3年です。

給与が出るかどうかは会社によりまちまちで、傷病手当金という制度もあります。傷病休職中の生活を保障する制度で、条件を満たせば、給料の一部に相当する金額が最長1年6ヵ月にわたり健康保険から支給されます。休職が決まった後、手続きも含めて人事担当者や健康保険担当者が窓口になることが多いようです。

これは健康保険加入者が病気やけがで働けなくなり、給与が受け取れない状況にあるとき、給与額の約2/3が支給される制度です。連続3日間の休みの後、4日目から支給が始まります。支給期間は最長1年6カ月で、これを超えた場合は傷病手当金は支給されません。
休業補償給付が業務または通勤が原因となった負傷や疾病が対象であるのに対し、傷病手当金は業務外の疾病やけがであることが条件となります。

詳しくはこちらのURLなどをご確認ください。
https://www.kyoukaikenpo.or.jp/g3/cat310/sb3040/r139/

血液サラサラ&糖新生抑制や肥満とうつの同時治療をおススメ

オメガ3には血液をサラサラにする働きがあり、赤血球の膜をしなやかにして脳細胞に酸素をたっぷり送ることができるようになります。 オメガ3(DHA)には脳の神経物質を活性化させる効果があり認知症予防にもなります。また、うつ病にBMIが30以上の肥満が重なると、認知機能が低下し、うつ病の症状である、気分の落ち込みや興味・関心の低下などに加えて、記憶、学習、問題解決能力、巧緻運動などの認知機能の低下などがあり、現実問題としては体も心も重いことで、会社員であれば仕事ができなくなることを意味することが多く、休職や転職につながることが多くなっています。単純に休職だけでしたら産業医からも求められることも多いでしょうが、なかなか休めないという人も多く、休む前にどうにかリカバーさせたいものです。東京クリニックではオメガ3による血液サラサラ治療や、うつと肥満、うつと体重コントロールなど積極的に健康増進に向けて治療を行っています。

ToDo

こんにちは東京クリニックです。今日はプライベートなメモをほんの少し投稿してみたいと思います。主にビジネスライクな投資の話ですが、ご了承ください。メモは趣味のイベントや打ち合わせ、食事、クルマのことであったり、バイク、旅行、リフォーム、DIY、家族やお金、買い物のやることやその予定・スケジュールなどをメモしています。他のジャンルでは行政手続やボランティア、医療業者とのビジネスもあります。

「Todo」は「やる必要がある事柄、忘れると困る事柄」を意味します。「タスク」は決められた期限までに終了しなければならない作業で、「Todo」は先延ばししても困らない作業のことを言います。今回のToDoは、ToDoといっても相場のある事なので思っただけではどうにもならないのと、システム上ですでに指値で注文を出しているので心に留めておいたり、記憶しておく必要はないのですが、書き出しておいたほうが楽にはなることが多いですね。

ToDo その1
トルコリラ/円を決済する。ランド/円、日経225、ナスダック100、原油、ゴールドスポットと投資してきたけれど、近いうちにトルコリラ/円を決済したい。

ToDo その2
明日26日に不動産売却の決済がありますが、その売却資金を使って代わりに別の新しい不動産を取得したいなあ。

なお、主に仕事に使うコラボレーションツールやToDoをメモしたりするツールとしては、いまはSlackというアプリが人気あるみたいですね。

最後に少し宣伝を。うつ病・うつ状態になると気分が落ち込むだけではなく、リスクをとれなくなったり、頭の回転が悪くなったりするので、多量の負荷をかけられなくなります。健康と病気、治療費・通院コストと患者利益を考えれば絶対に治療したほうが自分のためになりますよ。「人生や仕事が楽しくない」「しんどい」「あきらめモード」「日本はどうなっているんだ」「低空飛行」などが続けばうつ病・うつ状態です。焦らなくてもよいですが、着実に前進してもらいたいものです。よろしくお願いします。💛