東京クリニック 心療内科 精神科

現代では社会の変化に伴い不眠症やうつ症状は全く珍しいものではなくなりました。当院で処方するお薬は各個人の健康状態を良好に保つために処方されますので、認知機能等が低下するような副作用はありません。当院では各個人の症状に合わせた診察と治療を行っており、ここ数年で発売された新薬は副作用が少なくなっており、従来の薬では効かなかった人においても症状が改善する例が多くみられますので、なかなか治らないうつ病の方もお気軽にご相談ください。

うつ病の原因とトリンテリックス

うつ病の原因は、1つではなく、遺伝的要因や身体疾患、これまでの経験、性格、自分を取り巻く環境、そしてストレスが積み重なり、脳細胞の活動性のバランスが崩れることで発症します。また、うつ病の多くは、重要なできごとや、慢性的な過労状態など、ストレスを感じるような状況の後で発症します。

抗うつ薬 トリンテリックス

【特徴】
トリンテリックスは、複数の神経伝達物質を調節することで、うつ病に起因する多様な症状を改善することが期待されています。

【承認状況】
海外では、米国、欧州、カナダを含む計80ヵ国以上で承認されています。

【作用機序】
複数の5-HT(セロトニン)受容体への作用と、SERT(セロトニントランスポーター)阻害作用を介して、セロトニン系、ノルアドレナリン系、およびドパミン系等の複数の神経伝達系に関与することにより、セロトニンだけでなくノルアドレナリン、ドパミン、アセチルコリン、ヒスタミンの遊離を調節します。

【用法・用量】
通常、成人にはボルチオキセチンとして10mgを1日1回経口投与します。なお、患者の状態により1日20mgを超えない範囲で適宜増減できますが、増量は1週間以上の間隔を空けて行います。なお、CYP2D6の阻害作用を有する薬剤を投与中の患者または遺伝的にCYP2D6の活性が欠損している患者では、本剤の血中濃度が上昇するため10mgが上限となります。

【副作用】
大うつ病性障害患者を対象とした国内臨床試験および国際共同試験において、1,050例(うち日本人708例)中、499例(47.5%)に臨床検査値異常を含む副作用が認められました。主な副作用は、悪心200例(19.0%)、傾眠63例(6.0%)、頭痛60例(5.7%)でした(承認時)。なお、重大な副作用として、セロトニン症候群、痙攣、抗利尿ホルモン不適合分泌症候群(いずれも頻度不明)が報告されています。

ToDo

こんにちは東京クリニックです。今日はプライベートなメモをほんの少し投稿してみたいと思います。主にビジネスライクな投資の話ですが、ご了承ください。メモは趣味のイベントや打ち合わせ、食事、クルマのことであったり、バイク、旅行、リフォーム、DIY、家族やお金、買い物のやることやその予定・スケジュールなどをメモしています。他のジャンルでは行政手続やボランティア、医療業者とのビジネスもあります。

「Todo」は「やる必要がある事柄、忘れると困る事柄」を意味します。「タスク」は決められた期限までに終了しなければならない作業で、「Todo」は先延ばししても困らない作業のことを言います。今回のToDoは、ToDoといっても相場のある事なので思っただけではどうにもならないのと、システム上ですでに指値で注文を出しているので心に留めておいたり、記憶しておく必要はないのですが、書き出しておいたほうが楽にはなることが多いですね。

ToDo その1
トルコリラ/円を決済する。ランド/円、日経225、ナスダック100、原油、ゴールドスポットと投資してきたけれど、近いうちにトルコリラ/円を決済したい。

ToDo その2
明日26日に不動産売却の決済がありますが、その売却資金を使って代わりに別の新しい不動産を取得したいなあ。

なお、主に仕事に使うコラボレーションツールやToDoをメモしたりするツールとしては、いまはSlackというアプリが人気あるみたいですね。

最後に少し宣伝を。うつ病・うつ状態になると気分が落ち込むだけではなく、リスクをとれなくなったり、頭の回転が悪くなったりするので、多量の負荷をかけられなくなります。健康と病気、治療費・通院コストと患者利益を考えれば絶対に治療したほうが自分のためになりますよ。「人生や仕事が楽しくない」「しんどい」「あきらめモード」「日本はどうなっているんだ」「低空飛行」などが続けばうつ病・うつ状態です。焦らなくてもよいですが、着実に前進してもらいたいものです。よろしくお願いします。💛

うつ病治療でオメガ3脂肪酸摂取を推奨

こんにちは東京クリニックです。オメガ 3 系脂肪酸とは、青魚に多く含まれるイコサペンタエン酸(EPA)とドコサヘキサエン酸(DHA)、エゴマ油などに多く含まれるαリノレン酸などの総称です。オメガ3系脂肪酸を食事またはサプリメント、医薬品から摂ることで、DHAとEPAを体内に摂り入れることができ、エネルギーをスムーズに燃焼させ、記憶力アップも期待できます。

脳を構成する細胞の脂質膜にはDHAやEPAといった多価不飽和脂肪酸が多く含まれており、マウス実験では、オメガ3系脂肪酸であるDHAとEPAが不足すると、ムダな動きが多く、集中力がなく、学習能力が低くなるという結果が出ています。東京クリニックでは厚生労働省に認可されたオメガ3系脂肪酸カプセルの処方も可能です。医薬品なので最高品質で、うつ状態、うつ病治療にも有益です。その他心疾患、糖尿病や高脂血症治療にも役立ちます。

ケース■男性のうつ病

 不動産会社を経営されている40代の男性。気分が晴れず、やる気がでなく困ってクリニックを受診されました。会社の経営そのものは順調でトラブルはないそうですが2ヵ月位前から何もする気力がなくなり、以前は週末に楽しんでいた家族とのドライブや趣味の釣り、キャンプなど全く興味がなくなり、休日も浅い眠りで起きる気力もなく食欲も低下していました。奥さんにも相談され当院で処方したパキシルを服用してからは億劫になっていた仕事も以前どおりはかどるようになり業務連絡もスムーズにこなせるようになったとのことです。
 お子さんが2人いて、私立の進学校の費用や居住費・生活費なども必要で月に100万円前後の支出はあるそうですが子供が大学を卒業するまで仕事を頑張りたいそうです。もうしばらくお薬は継続して、その後、再度検査をして異常がなければ治療は終了になります。

 

知っていますか?

うつ病の特徴は、気分が憂うつだけではありません。常に気分が沈みがちになることだけではなく、自分には価値がないと感じたり、罪悪感を抱いたり、日常の楽しいことに興味がなくなったり、睡眠障害(寝つきが悪かったり、途中で起きたり、早く起きる人もいます)に陥ったり、体重が増えたり減ったりすることもあります。