中国国籍の再診

東京、特に新宿には中国人の留学生がたくさん住んでいるのか学生さんや大学院生などがちらほら来るのですが中国では薬の服用を吃藥といいこのような会話が続いてしまいます。

医師 「こんにちは」

中国人「こんにちは」

医師 「ここ最近の調子はどうでしたか?」

中国人「良くなりました。薬を食べてからだいぶ良くなりました。」

医師 「そうですか。良かったですね。睡眠はどうですか?何か変わったことはありますか?」

中国人薬を食べてからすごく眠くなります。」

ちゃんと薬を飲むと言えた中国国籍の人は今のところいないです。笑いそうになるので気になってしまいますが、いろいろ話をするとみんな勤勉です。でもうつや不眠で勉強がはかどらなくて国に帰る人もちらほら見かけます。祖国で幸せになってくれればいいのですが、応援しています。

イコサペント酸エチル(EPA)で体重、BMIは男女とも有意に減少

イコサペント酸エチル(EPA)は総コレステロール、トリグリセリドの低下作用により、高脂血症治療薬として認められています。EPA.DHA製剤は魚が原料のオメガ-3脂肪酸エチル顆粒状カプセルで、EPA.DHAの両方を含有しています。高脂血症の治療に用いられますが、DHAは血液脳関門を通るため脳の代謝改善、認知症の予防、また、体重減少、BMIの低下に寄与します。