救命救急24時における医者と患者と意識レベル🧐😓😓

jcs

 精神科患者は時に救命救急のお世話になることがあり、意識レベルの評価ツールとしては「Japan Coma Scale (JCS)」が用いられることが多い。脳卒中患者における意識レベルの評価をする目的で開発されたツールで、救命措置時にもよく用いられる。


 本日の早朝午前5時頃、路上で倒れている人を通行人が発見し119番通報。10分程度で救急車が到着しすぐさま近くの大学病院に運び込まれた。救命救急女医から連絡があり、JCS200、これは一大事の可能性が高い。死亡となると人の命を失う辛さや正義感そして民事刑事などの責任を問われないとは限らない緊張。最善の策を尽くし、すぐさま医療ミスが疑われるわけではないにしても救命救急医、主治医ともに真剣になるのがまっとうな医者であろう。患者は過去に当院に通院歴のあった患者であったため当方にも照会がなされ診療情報提供書のやり取りが行われた。

 数時間後どのような処置が行われたか正確に知るすべはないが、結論からいうと眠剤で健忘と奇異な行動を起こし路上で寝ていただけ。私も寝ているときはJCS300になることがよくあります😓😓

(これはフィクションです。実在する個人、組織とは関係ありません。)